髪のハリ・コシに欠かせないシャンプーの情報ページ

髪のハリ・コシに欠かせないシャンプー

髪のハリ・コシに欠かせない

私は小さな頃からショートヘアーにしたことがなくロングヘアです。中学生の頃は学校の規定で髪を切らなくてはいけなかったんですが、肩まで髪を切ることになってしまって非常に残念で悲しかったことを覚えています。

 

ただロングでいると髪のお手入れに時間がかかります。洗う時もそうですが、ドライヤーを使用している時間が長いので髪を染めなくても毛先がドライヤーとかで傷みやすいです。

 

枝毛になりやすく髪のハリ・コシがなくなり易いのですが、良質なトリートメントを使用していた頃もありますが、いろいろな努力をしても年齢には勝てないのか若い頃のような髪の質にはたどり着けないような気がします。

 

一時期フケとかあった時期はありますが、石鹸シャンプーとか髪が長いと髪がきしんでしまうので使用しにくくなりましたが、非常に頭皮には優しかったのを覚えています。
若い頃は髪質が良いと天使の輪と呼ばれている髪の輝きがあったんですが、最近はないけれど椿油など油分を補充し始めたら結構輝きが出てきます。

 

カラーを入れている場合は石鹸シャンプーは色落ちとかも激しいのでアミノ酸系の方が良いけどたまに使用してあげると頭皮もスッキリするので頭皮トラブルを予防したい時はたまに使用すると良いかもしれません。

 

髪自体もハリやコシが出やすいのでアミノ酸系シャンプーと併用すると良いですし、植物性油が配合されているとハリ・コシなど艶も出易いのでおすすめです。

 

ハリとコシはほぼセットで語られていますが、実際には髪が良い状態になると両方共備わってくるということにつながってきますし、やはり髪を染めたり、パーマをかけてしまうと修復は難しいので髪自体はダメージを負ったままになりやすいですし、シャンプーで洗浄力が強くても髪自体がダメージを負い易いです。なので日々使用するモノなので髪自体にダメージを負うものよりは髪や頭皮に負担がかからないのを使用していくとよいでしょう。

わたしは、恥ずかしながら薄毛に悩んでいました。髪の毛の生え際あたりがうすくなってしまって、さみしい印象になっていたのです。そこで、育毛剤を試...

おしゃれ染めの特徴としては、ブリーチ力が強いことです。その分染毛力は弱めになっています。一方白髪染めは、染毛力が強いので、白髪だけでなく黒毛...

▲髪のハリ・コシに欠かせないシャンプー 上へ戻る

髪のハリ・コシに欠かせないシャンプー page top