熱でも起きるタンパク質変性作用

熱でも起きるタンパク質変性作用

タンパク質変性作用

例えば、熱です。 タンパク質は人体が42度以上で熱変性が起こります。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かす時に、髪の毛の温度が42度以上になる場合もあるかも知れません。 これが影響で、頭皮や髪の毛が傷んでしまう可能性が有るのです。

 

髪の毛の健康を守るためには、タンパク質を沢山補給し、出来るだけタンパク質変性を起こさないようにする事が大切なのではないでしょうか。タンパク質変性作用は石油系の洗浄成分に特にシャンプーでは変性作用があると言われています。

 

そして高級アルコール系に多いと言われています。ですのでスカルプケアとか頭皮ケア目的で使用する場合には変性作用がほとんど少ないようなシャンプーを使用していくと良いでしょう。

 

頭皮ケア成分が豊富なシャンプーも良いですが、変性作用があるとやはり代謝が落ちやすいので、しっかり洗浄成分で選ぶとよいでしょう。

 

体に悪影響な成分が多く含まれているシャンプーを使い続けると、頭皮にどんどん悪影響を及ぼす可能性が有ります。

 

また、変性は界面活性剤以外でも起きる事もあるのです。代謝が落ちている乾燥している頭皮の方はやはりタンパク質変性作用はより頭皮に負担がかかりやすいので、男性よりもむしろ女性の方が頭皮に影響を与えることが大きいかもしれません。

 

ですから女性の場合には、女性用の抜け毛予防シャンプーガイドにあるような方法で女性向けのシャンプーを選んでみるとよいでしょう。

▲熱でも起きるタンパク質変性作用 上へ戻る
熱でも起きるタンパク質変性作用 page top