皮脂の分泌量が多くなるドスコイ日記

皮脂の分泌量が多くなりやすいのは比較的男性が多い?

皮脂の分泌量

抗炎症作用や血行促進成分がたっぷり配合されていて超高濃度配合されているからシャンプーの洗浄成分でもアミノ酸系洗浄成分でノンシリコンなので頭皮環境だけでなく、抜け毛があると同じように髪が細くなってきたり、ハリ・コシがなくなりやすいなどの髪の悩みも普段のシャンプーで解消しやすいのが大きなポイントです。

 

また頭皮の臭いで気になりやすい40代以降の悩みにつながりやすい頭皮の加齢臭解消に効果的です。皮脂の分泌量が多くなりやすいのは比較的男性が多いと言われていますが、男性ホルモンの量が多いと毛穴が開きやすく皮脂の分泌量も多くなりやすいそうです。

 

思春期の頃は女性でもニキビができやすいですが、ニキビができやすいのも男性ホルモンの量が増えるということも関係してくるようです。

 

男性でも皮脂の分泌量が多くなりやすい成人以降では殺菌なども繁殖しやすくそのため、臭いも出やすいという特徴があるようです。

 

ですので殺菌成分が豊富なシャンプーを使用していくというのも大切ですが、殺菌作用が強すぎても日々のケアでは少し重荷につながりやすいのかもしれません。

無添加でアミノ酸系洗浄成分にノンシリコンであれば使用しやすい

無添加

普段のケアであれば、無添加でアミノ酸系洗浄成分にノンシリコンであれば使用しやすく頭皮にも負担に繋がらないのかもしれません。

 

シャンプーでよく聞かれるタンパク質変性作用があるシャンプーの場合には、やはり頭皮の代謝が悪くなりやすいので、頭皮に負担がかかりやすいと言えるかもしれません。

 

40歳以降では加齢臭なども気になると思うので、雑菌や消臭成分が配合されているとよいでしょう。また同じ40代以降では抜け毛と同じように悩みやすい白髪が多く挙げられます。

 

髪にメラニン色素が沈着しなくなることで髪が黒くならないということが白髪の原因らしいですが、頭皮自体が老化してきてくるというのも関係してくるでしょう。そのため頭皮の栄養不足などを解消するエイジングケアをシャンプーでしていくと効果的です。

▲皮脂の分泌量が多くなるドスコイ日記 上へ戻る
皮脂の分泌量が多くなるドスコイ日記 page top