タンパク質変性作用のシャンプー

タンパク質変性作用のシャンプー

タンパク質変性作用

タンパク質変性とは、シャンプー等に含まれている界面活性剤によってタンパク質が変性されてしまう事を言います。 タンパク質は、人の体にとても大切な物です。

 

体を構成する最たるものがタンパク質であり、人の体の中で水分の次に多いのが、タンパク質だとも言われているのです。 皮膚や髪の毛を始め、さまざまな部分を作っているのもタンパク質ですし、体内を循環しているインスリンやアドレナリン等にも関わっています。

 

筋トレをしてプロテインを摂取する方もいますが、主に乳清の部分のタンパク質を摂取しています。タンパク質が多いのは、肉類ですが、植物性で言うとソイプロテインと呼ばれているように、大豆にタンパク質が多く配合されています。

 

また大豆のサポニンは血液をサラサラにする作用があるので、アメリカでも見直されています。育毛でも大豆にはイソフラボンが含まれていますが、イソフラボンの育毛効果もバカにはできないので、食事で大豆を取り入れてみるのもよいかもしれません。 タンパク質変性は、修復可能な症状です。

 

その為、ちょっとした変性程度では気にする事はありません。 しかし、普段から頻繁にタンパク質変性が行われていると、体に様々な症状が現れてしまいます。 多いのが、肌荒れです。 肌がカサついたり、ツッパリ感や痒み、赤み、中には湿疹が出来てしまう人も入る程なのです。

 

界面活性剤が含まれている物はシャンプーが多いのでしょう。

▲タンパク質変性作用のシャンプー 上へ戻る
タンパク質変性作用のシャンプー page top