薄毛の原因である頭皮の血行不良

薄毛の原因である頭皮の血行不良

薄毛の原因

薄毛になる要因の1つとして考えられるのが、頭皮の血行不良です。東洋医学において、毛髪は血余という言い方をします。これは血の余ったもので作られるといった意味になるのですが、実に言い得て妙な言葉だと言って良いでしょう。

 

そもそも頭皮下には毛細血管が走っており、この毛細血管から毛根の奥にある毛母細胞や毛乳頭は栄養素や酸素を得ています。この毛母細胞や毛乳頭が活発に働くことによって、毛髪は成長していくものですので、血行と薄毛は大きな関係があるのです。

 

また人体にとって、毛髪は生命維持の観点からすると非常に優先順位が低いものだと言えます。このことから栄養素などに関しては、生命維持に重要な役割を持っている臓器から優先して回されるようになっているのです。つまり、毛髪に回ってくる栄養素は他の臓器で使われた余り物だと言っても差し支えありません。

 

そこで、先ほどの血余という言葉に繋がってきます。薄毛の原因の1つに血行不良があげられるのは、それだけ血液と毛髪は深い関係をもっているからなのです。

 

毎日のシャンプーなど頭皮ケアの際にマッサージなどをして血行不良を改善していくと良いので、まずは、シャンプーや育毛剤でも無添加シャンプーのメリット・デメリットのサイトのあるような無添加で頭皮に刺激が少ないのを使用してみてください。

▲薄毛の原因である頭皮の血行不良 上へ戻る
薄毛の原因である頭皮の血行不良 page top